商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。
お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。
また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
楽天市場

ユーチューブ 徒然 

ccユーチューバーイラスト550×415.jpg


もはや世間は、ユーチューブな流れ・・・?

TVでご活躍中の皆様もドンドンYou Tubeデビュー。TVに出られない方々も・・・?

そんな記事を見かけました。

多分に流行という一面も無いとは言えませんが、芸能界でご活躍中、あるいは過去に活躍されていた方々なら動画活動はお手のもの・・・?この流れに乗って、世間を席巻したいところなのは人情というモノでしょう。

そんな昨今、新規参入される方々に対して、既存のユーチューバーは戦々恐々のメッセージを、彼らの動画の中で本音をポロリとか、ユーチューバーの玉石混交とか、ポジ・ネガ入り乱れて、視聴者は結構、興味津々・・・。

それにしても、既存のメディアでは中々知る事の出来ない、ニュースやウワサも、スマホ片手に時も場所も選ぶことなく、閲覧できる。

ハッキリ言って、テレビジョンの役割も先が見えてきた様な気にもなったり・・・?

新聞記事の信憑性ももはやアテにはならいという空気も徐々に拡散されている様にも感じたりします。

雑誌のあり方も検討しないと、出版社の皆様も大変な事になっている様な邪推すらしてしまいます。


他方、ユーチューバーの事件・事故とか、ユーチューブ成功者の悲哀とか、ユーチューバーだって日々の作業が必要で、そこから来る疲労とか不安とかも大変な様で、その辺りを動画で吐露されたりしてもいます。

いずれ淘汰されて、このブームもいつかは醒めるのでしょうが、昨今ではユーチューブ大学とかサロンとかを既存メディアを介さずして、誰もが参入できる様になって、先にも言ったように玉石混交、真贋入り乱れて蚤の市状態・・・。

グーグルの手のひらで私たちは、悲喜こもごも・・・。


世界は米国を中心にして今なお、時空は流れている。資本主義は富の格差を産むけれども、成功さへゲット出来れば、誰もが自由に参加できる。

チャンスは無い事は無い。

本人のヤル気次第。

ピアツーピアな世界は、ますます広がって情報の流れが大きくうねり始めてきた様なイメージです。



親子で楽しむユーチューバー入門 (できるキッズ) [ FULMA ]